ロゼワインは通販で購入することができます

ロゼワインの一般的な製法

一般的な製法は赤と同じように、収穫した黒ブドウを破砕したり除梗することが可能です。
果汁と果皮や種を一緒にタンクに入れてから、果皮から色素を抽出することができます。
果汁の色合いがピンクになったところで、果汁だけを引き抜き発酵させます。
色合いを濃くしたり風味に厚みをもたらすため、発酵する前に少量の果汁を抜くセニエと呼ばれている方法で引き抜いた果汁を利用する製法や、発酵する果汁を果皮と切り離すショート・マセレーションと呼ばれている製法などがあります。
白のように作る方法として、ダイレクトプレスと言う製法があり白の製法と同じく黒ブドウを破砕し圧搾した後、果汁だけを発酵する方法です。
黒ブドウからピンクのロゼが生まれるのです。
ブレンドによる方法もあり、シャンパーニュ地方は赤と白を混ぜてから造ることが許されていて、原酒をブレンドする時白ワインに少量の赤を混ぜて色づけしたり、滓抜きした後補酒時に赤から作ったりリキュールを添加することが多いです。
混醸法(ロートリング)と呼ばれている方法は、発酵する前の白ブドウと黒ブドウ果汁を混ぜ醸造するドイツで使われている製法もあります。
産地として有名なのがフランスで、国土全域においていろいろなワインを造っています。
気候や風土に育まれていて、各地でさまざまな種類が生産されています。
ボルドー地方はフランス南西や大西洋岸などに位置する地方で、赤の銘醸地として有名な産地です。
ピレネー山脈から流れているガロンヌ川やドルドーニュ川が合流し、大西洋に注ぐジロンド川流域において集中的にブドウを栽培しています。
ブルゴーニュ地方は赤・白とも代表する優れた品質を生産することで有名で、単一品種のブドウから作られているのが特徴的です。
コート・デュ・ローヌ地方は赤の産地で、リヨン市の南を流れているローヌ川流域になります。
フランスの南に位置しているので気温が高く、糖度の高いブドウが収穫されているのでコクのある醸造が可能です。
ロワール渓谷地方はフランス中央部から大西洋までたくさんの支流が流れている、フランス最長の川であるロワール流域になります。
穏やかな気候に恵まれていて、各地域の特色を生かした種類が産み出されています。

ロゼの特徴はその美しい色 | ロゼワインの一般的な製法 | インターネット通販を利用すると世界中のワインを選択することができる